平成28年12月12日*おつかれさま

今日は最高気温がギリギリ10℃いかない1月上旬並みの寒い一日となりました。

 

2日間のお休み明けで、そろそろインフルとか・・・

インフルよりもお腹の風邪が少し出始めているようです。

この季節、集団生活を行ううえで感染症は避けがたいものがありますが、あと僅かとなった2学期をみんな元気に過ごしたいものです。

 

先日開催の表現発表会では大勢の方々の見守る中、期待と緊張が入り混じりながらも子どもたちは立派に振る舞うことができました。

いつも思うことですが、子どもたちは本番に強い!

運動会の時もそうですが、練習や予行の時よりはるかに上手に発表していました。

保護者の方や先生の、そこまで持っていく声かけや配慮もさることながら、本番当日の、あの堂々とした姿。

「いっしょうけんめいやってきたから とうぜんやん!」

終ったあとの子どもたちの表情から、そんな声が聞こえてきそうな気がします。

 

大きな行事が終わって、またグンと成長したであろう子どもたち。

これまで何も無かったかのように、ダンゴづくりに勤(いそ)しみます。

「せんせい みてみて!」 「これ じゃがいもみたいやろ」

大と小。

ツルピカとデカボコ。

img_5607

子どもたちにとって、それ以上に日常がいちばん大事なのかもしれません。