平成27年6月12日 やっぱりお外遊び!だいすき(^-^)

天気や気温がころころ変わり、体や気持ちがなかなかついていけないですね。

蒸し暑かった週末金曜日の今日、幼稚園では子どもの、

『お外遊び出来る!!やった~\(^o^)/』

の、お声がたくさん聞こえてきました。

 

a

 

元気な子ども達の声や笑顔の園庭。

やっぱり活気があっていいですね!!

どろだんご作り、遊具あそび、キックバイク、虫やお花の観察…

小さい園庭ですが、子どもの大きな発見や感動があちらこちらではじけています。

汗びっしょりになりながらも、ひとつのことに全力で取り組む子どもの姿はきらきら輝き、表情からはいろんな感情を読み取ることができます。

『楽しい!』

は、もちろんですが、

『なぜ?』『これすごい!!』『わっ!おもしろい』『へ~そうなんだ』『もっと知りたい!』

が、園庭やお部屋で毎日繰り返されています。

大人が、これはこうなんだよとすぐに答えを教えてしまうと、だんだんと自分で考える力や、やってみたい・調べてみたいと言う意欲を取り去ってしまいますので、できるだけ子どもと一緒に考え、調べ、試行錯誤しながら答えをみつけていっています。

そして、その答えがでたことで新しい感動が生まれ、自分で導き出したことに対して自信ができ、また新しい事を取り組む上で新たな意欲がわいてくるのです。

 

d f

 

梅雨のこの時期、園庭で遊べる確率は低くなりますが、お外に出られた時はおもいっきり体と頭を使い、五感を研ぎ澄まして身も心も少しずつ成長していってくれることでしょう。

また、お部屋でも雨ならではの遊びを取り入れ、四季を感じられるように絵本やお歌、制作などを楽しく行っています。

 

 

写真 2   写真 3

写真 1   写真 4

 

子どもは、感じた事・考えた事・学んだ事を色々な方法で表現します。

体を使って大胆に表す子、大人やお友だちにお話しして表現する子、だまっているが小さく手先を使って表している子…。

毎日毎日、ひとつひとつの出来事が学び。

あそび一つが学び。

生活そのものが学び。

大人がしっかり子どもに寄り添い、成長を見守り一緒に成長していきたいですね。

 

 

h

i

 

幼稚園の柿の実も、いつの間にかこんなに大きく成長しています!

子どものパワーをしっかりもらって秋には、立派なオレンジの実をつけてくれることでしょう!!

 

 

g

 

来週も!

幼稚園でどきどき・わくわく体験しようね。

 

T . T